ロックフィッシュ釣ろう!! 「ラバージグ」を簡単に、手軽に、安価に自作してしまおう!!

スポンサーリンク
釣り道具

「ラバージグ」と言えば、バスフィッシングで、こだわりの自作で、特別な大物がヒット!! みたいなイメージがありますが、根魚:ロックフィッシュでもかなり有効ではないかと思っております。実際に使っている方もそれなりにいらっしゃいますし、雑誌等でも紹介されていますね。ただし、値段が結構高いので、根掛かりでロスト頻発になると財布に厳しい、自作するにしても専用の道具等が必要でハードルが高い、といった所が、ロックフィッシュでイマイチ普及していない原因かもしれません。

そこで今回の記事は、「ラバージグ」を手軽に使えるように安価に簡単に自作する方法を紹介したいと思います。自作したこだわりのルアーでデカソイをゲット出来たら、まさに至福ですね。

 

   

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

 

簡単に安価にラバージグを手に入れよう!!

ダイソーはほんとにすごいですね。

この「スモラバ」、そのほか「メタルバイブ」など、コスパ最高です。

普通の値段で釣り具が買えなくなります(~_~;)

こんな感じでトレーラーをつければ、ばっちりいい感じで釣れちゃいます(^^♪

最初はこれで十分だと思います。

ただ、今は在庫切れで、店頭でも見かけないですね.......

こだわりのラバージグを手軽に自作しよう!!

従来、ラバージグを作るには、バイスやボビン等の専用道具が必要なこと、ファインラバーのソーク等の面倒な作業が多く手間がかかること、といった面にハードルを感じて、なかなか手を出せない方が多かったと思います。

また、とっかかりはダイソースモラバでも、使っていくうちにラバーの色がちょっと好みでない、ラバーの長さ・量にもっとボリュームが欲しい、といったこだわりが出てくるものです、釣人という人種は。

こういった方のために、簡単・手軽に5分でできる自作ラバージグについて紹介します!!

5分でできる自作ラバージグに必要なもの、用意するもの

シリコンラバー

すでにカットされているシリコンラバーを使います。

手軽に作りたいなら、間違ってもカットされてないファインラバーには手を出さないでください(>_<)

ジグヘッド

根掛かり防止ガードが付いたアーキーラバージグ、ジグヘッドがフットボール形状のフットボールラバージグ等、色々と種類があります。

だけども、個人の趣味でまったく問題ありません。

おいらは、根掛かりしくさ、からオフセットフックタイプを使用します。

ステンレス線

ラバーをフック軸に巻き付けて固定します。

0.3~0.4mmのステンレス線が手ごろです。100均で十分です。

留め具

ラバーの取りまとめに使います。

オイラは家にある結束バンドを使います。シリコンチューブ、輪ゴム等でも代用可です。

プライヤー、ニッパー、ハサミ

普段使っているもので大丈夫です。100均でOKです。

5分でできる自作ラバージグの手順

①好きなラバーを用意し、留め具でまとめる

まずは、好きな色、長さ、枚数のラバーを用意します。

パンプキン、ウォーターメロン等のアースカラーを使う方が多いですが、オイラは原色ハデハデなアピールカラーが好きですね。好きなようにしてください、これが自作の醍醐味です。

ラバーの中間あたりを留め具でまとめます。

結束バンドの場合には、きっちり締めこまず、少し緩めにしておきましょう。

シリコンチューブの場合には、5mm幅ぐらいでカットし、輪の中にラバーを通ります

②留め具にジグヘッドを通し、ラバーをフック軸に固定する

留め具にジグヘッドを差し込んで、結束バンドを固定します。

その際、フック軸の周りにラバーが一周均等に巻かれるように調整してください。

ジグヘッドの直下に針金でラバーを固定します。

針金の端部をプライヤーで掴んでグルグルと捻じって締めてこんでいきます。

ここで、あまり強く締めると、ラバーが千切れてしまいます。加減しながら締めてください。

針金の余分な部分、結束バンドをニッパーで切断するとこんな感じです。

④ラバーを切りそろえ、トレーラーワームを取り付けて完成

ラバー両端のつながっている部分をカットすると、ラバーが綺麗に一本一本バラけてくれます。

ファインラバーだとここで一本一本に裂かなきゃいけなくて、これがまた、全くうまく千切れない(~_~;)。シリコンラバーは本当に楽ちんです。

ラバーを適当な長さに切り揃えます。ラバー長さもお好みです。オイラはフック端から10mmぐらいの長さにすることが多いです。

最後に好きなワームをセットして完成です。

シャッドテール、グラブ系等が良く使われますが、ここも好みでOKです。

おまけ 

ラバーを二枚使うとこんな感じですね。ラバーのボリュームがかなり増えます。

オイラはラバー一枚が好みです。

まとめ

「ラバージグ」を、手軽に、簡単に、安価に自作するための、必要なもの・道具、手順をまとめてみました。

超簡単、慣れると5分もかかわらずにできると思います。

ぜひ、「根魚」、「ロックフィッシュ」こだわりの自作「ラバージグ」で狙ってみてください。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました