メスティン自動炊飯ログ アルストプロトタイプNo.3、4、5の作成、No.3の試し炊き。

スポンサーリンク
道具

350㎖アルミ缶によるメスティン自動炊飯用アルストの作成、試し炊きログです。今回は、プロトタイプNo.3、No.4、No.5の作成、No.3の試し炊きです。

   

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

自動炊飯アルスト自作ログ

プロトタイプNo.2がイマイチだったので、勢い付けて3タイプを一気に作成しました。

燃焼窓の孔径・孔数を変えて、中火~弱火の火力・燃焼時間をいい感じにしたいですね。

名前形状モデル高さ燃焼窓の孔径燃焼窓の孔数備考
プロトタイプNo.1350㎖アルミ缶15mm13mm1孔作成済み
プロトタイプNo.2350㎖アルミ缶15mm6mm4孔作成済み、スチールウール封入、不採用
プロトタイプNo.2改350㎖アルミ缶15mm6mm2孔作成済み、スチールウール封入、不採用
プロトタイプNo.3350㎖アルミ缶15mm4.5mm5孔今回作成
プロトタイプNo.4350㎖アルミ缶15mm16mm1孔今回作成
プロトタイプNo.5350㎖アルミ缶15mm20mm1孔今回作成
プロトタイプNo.3
プロトタイプNo.4
プロトタイプNo.5

メスティン自動炊飯ログ

2020年12月6日の炊飯ログ

プロトタイプNo.3の試し炊きです。

ちょっと、水量を増やしました。

白米1.5合
310㎖
水浸し30分
炊飯プロトNo.3、アルコール25㎖、燃焼時間9分10秒(うち外側槽7分0秒)
蒸らしタオル+100均保温袋、30分

外側槽の燃焼状況。

外側槽が消えて、内側槽からの燃焼が始まった段階。

内側槽に切り替わるタイミングも火力もいい感じ、なんだけど、時間が続かず。

あっという間に消えてしまった.......

炊き上がり状況。

ちょっと燃焼時間が足りない.......

芯はないけど、少し固め........

う~ん、難しい(~_~;)

自動炊飯まとめ

炊飯ケース白米水浸し炊飯蒸らし評価
ブリキ-①1.5合300㎖30分ブリキアルスト、25㎖、14分50秒保温袋30分、逆さままぁまぁ
No.1-①1.5合300㎖30分プロトNo.1、25㎖、12分30秒保温袋30分ブリキより美味しい、いまのところ一番
No.1-②1.5合300㎖30分プロトNo.1、30㎖、12分30秒保温袋30分水分抜けすぎ、ダメ。
No.3-①1.5合310㎖30分プロトNo.3、25㎖、9分10秒保温袋30分中火~弱火の時間が短い、芯はないけどダメダメ

まとめ

  • 今週末には、プロトNo.4、No.5も試し炊きしてみます。
  • なかなか思い通りに炊き上がりませんが、これがまた、楽しい(*^^*)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました