クロスバイクで自転車通勤が超楽しい!!実はチャリ通3年目です。愛車は「VACANZE1」NESTO。

スポンサーリンク
道具

ダイエットを兼ねて一昨年から自転車通勤しています(札幌ですので雪が積もります、4月~11月限定です)。今年も雪解け後、少し暖かくなった4月中旬からシーズン突入です。

 

   

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 

自転車通勤はこんなに楽しい!!

自転車は子供ころから大好き!!小学生の頃は毎日自転車で釣りに行ってましたね。

近くの沼?にウグイ釣りに。

 

コロナ禍での密回避の面でも注目されてます。オイラはその流れよりも1年早く始めてました!!

ちょっと自慢です(^^;)

 

ここで、自転車通勤の楽しさを改めて列記しておきます。

 

①とにかく楽しい。乗ればわかる楽しさです、スポーツバイクは!!

②移動することが運動になる。

③変わりゆき季節を、肌で体で感じることができる。

④仕事に向けてのウォーミングアップになる。体も、頭もです!!

⑤体中に血液が駆け巡る感じがする!!

⑥ご飯が美味しい。自転車通勤しなくも美味しんですが、さらに美味しくなるんですよ!!

 

北海道の場合、冬の間は自転車通勤できないので、この春の喜びは格別です!!

  

「VACANZE1」NESTO

愛車は「VACANZE1」NESTOです。

  • 間違ってもロングライドはしないので、ロードバイクは必要なし。
  • あくまでも通勤自転車。選択肢はクロスバイク一択。
  • 自転車沼にハマるのが怖かったので、値段は5万円以下。
  • リールと同じようにメカニカルなものなので ”日本産(日本メーカー品)” は必須。

という条件から、このバイクを選びました。

色は渋く、ガンメタ!!個人的には抜群にお気に入りです。

 

雨後には、ハーフフェンダーを付ける時もあります。

ちなみに、少し前に安田大サーカスの団長がママチャリと比較検証していた自転車です。

メーカー売り文句は以下の通り。

VACANZE 1 (NEW)

ロングライドも可能な高速系クロスバイク

■新設計フレームで日本人の体に最適化

日本人の体型データを基にフレームを新規設計。より多くの人に合うフレームに進化

■強度と軽量性をあわせ持ったアルミフレーム

重量剛性比と柔軟性のバランスが良い6061アルミを使用。上位モデルゆずりの軽量性と頑丈さを両立しながら、乗り心地は固くなりすぎない程度に整えられている。

■スポーツライディングを支える高品質タイヤ

タイヤにはMAXXIS ETONATOR ケブラービードタイヤを搭載。グリップ力と走行性能に優れつつ、ケブラービード仕様を採用することで足回りを軽量にさせている。唯一接地するタイヤにワンランク上のものを採用することでスポーツサイクルとしての完成度を高めている。

■快適性を向上させる”FLEXOR(フレクサー)”

フレームのシートステーとチェーンステーを横扁平に加工する「FLEXOR」。リアトライアングルが路面の凹凸に対して縦方向にしなることで振動吸収性と快適性が向上。

■街乗りに必要なパーツを厳選

街乗りに必須のベル・ライト・キックスタンドを装備。特にキックスタンドは一般的なスポーツサイクルではオプション扱いが多い。使う人を考えたパーツ構成だ。

NESTO HPより引用

 

カタログスペックは以下の通り。

フレーム6061アルミ BB:JIS86mm OLD:130mm
フォークアルミフォーク1-1/8 アルミコラム
BBセットVP-BC73
ギアクランク28x38x48T 165mm
チェーンKMC Z7
F.ディレーラーSHIMANO FD-M310
R.ディレーラーSHIMANO FD-TY510
シフターSHIMANO ST-EF500
ブレーキセットSHIMANO BR-T4000
ブレーキレバーSHIMANO ST-EF500
ギアSHIMANO CS-HG200-7 12-32T
ハンドルバーアルミフラットバー W:560mm バックスイープ:6D 25.4mm
ハンドルステムアルミ Angle:7D 80mm
サドルオリジナルサドル スチールレール
シートピラーアルミ 27.2x350mm
F.ハブ28H 100mm
R.ハブ28H 130mm
リム28H チューブレスレディ対応
タイヤMAXXIS DETONATOR 700x32C
付属品ライト、ベル、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル

詳しくは、NESTO HPを確認ください。

 

  

通勤の状況は......

家から会社まで約9.5kmです。そのうち、6.0kmぐらいはサイクリングロードを走行します。

所要時間は”風”と”信号待ち”にもよりますが、25~30分くらい。

ドアtoドアで考えると、普通の通勤方法:徒歩~バスor地下鉄~徒歩よりもずっと早いです。

 

さらに、片道での消費カロリーは250~300カロリー、チャリ通はじめて5kg体重が減りました(*^^*)

これは本当に素晴らしいです!!

途中で通過する豊平川

 

Garimin Connectのデータも載せておきます。

 

今回のまとめ

  • 待ちに待った春到来です。自転車通勤の季節です。
  • 朝いちばん、自転車で颯爽にとかっ飛ばす快感は病みつきです。
  • 自転車沼にハマる人の気持ちが分かります。
  • しかし、オイラは釣りキチです。通勤だけにしておきます。

 

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました